Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://uwaraba.blog51.fc2.com/tb.php/735-080c5aee

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

おれの徹底したバイザーいじりスタイルにけっこうムキムキきてたらしいけどね

■日曜日
ことの成り行きはこうだ。


長兄「リーフの大会いこうぜ!時間を無駄にしようぜ!」
俺「まじかよ」

俺「それより花男F観にいこうぜ!」
長兄「OK!忍!」

長兄「じゃあリーフやって、花男で」
俺「OK!忍!」

長兄「俺水樹奈々で組むから、お前は平野綾で組めよ」
俺「それは」


というわけで、リーフファイトなのだ。
生涯学習センターの温度や、噂話を持っていないのに速攻デッキを組むことを考えると、
気乗らぬ戦であると言わざるを得ない。
速攻でもルミラは好きだが。

というわけで、手に届く範囲にあったカードで平野綾、
もとい、フォレストリバー!、
もとい、森川由綺を組んだのだ。
死中降霊転機おとぎ話4とかだったように記憶している。志保はなかった。
せめて、シンクロ率やらコンセントレーションやらなんやらを上げるために
大会開始前に平野綾のグラビアが載っているヤングジャンプを買ってきた。

長兄車にてタロイ氏、ラリ氏ともに、会場入り。


T.「おハローww」

なんだT.か。
残念ながら三国志大戦.NET的なものでこっちにきていることはつかんでいたから
それ程のサプライズ感はなかったうわぁぁぁぁぁ知る人ぞ知る(知っている人しか知らない)小宇宙さんだぁぁぁぁぁ



ギンチwikipedia - 小宇宙
リーフファイター。
今は亡き「チーム三重」のゲッター1的ポジション。
4~5年前の名古屋方面のリーフファイトの大会でよく見られた、見かけたら耕一だと思って間違いなかった。
イエーイ見てる?

※この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています



腰が抜けるほどにはびっくりした。
いや、もう二度と会うこともないと思ってたから……。
よせやい。


そんな懐かしムード漂う中、行われたリーフファイトは3-2でした。
俺のプレイングが雑だった。
別にはじめっから丁寧じゃねえから!
ヤンジャン買った意味とかねえから!

グラビアはどうでもよかったが、漫画は結構いいのが載っているなぁ。
モートゥル・コマンドーGUYに定評のある坂本眞一先生の新作漫画「孤高の人」が読めるのは
ヤンジャンだけ!
編集乙。


まぁしかし久しぶりに久しぶりな面々と話せてよかった。
俺も最近はそれほど大会に出ているわけではないが、遠征してきた方とも当たれたし、よかった。
長兄は無駄に優勝おめでとう。
理奈は英二を産む機械。

どうでもいいが、「これが名古屋」というフレーズの多い大会だったね。


大会後はメーンエベントの花男Fを。
が、大会中突然に巻き起こった崖の上のポニョ旋風(センセーション)は、
もはや止められるものではなかった。

・ぼくたちの思い描くポニョ
「普段は『ぽにょ、ぽにょ~』と愛らしい声を出すが、地声は突撃兵や囮兵と同じ」
「『うぉぉぉ!』『うあっ!』『よっしゃぁ!』」
「映画は、ポニョの入ったバケツが陸でひっくり返されるところから始まる」
「『よっしゃぁ!』『よっしゃぁ!』」

これはもう見るしかない!
という空気が流れ一時場内騒然としたが、今映画など見たら確実に眠るという人間が数人いたため断念。
花男も御破算に。
実は俺、花男ってまったく知らないんだ……。
DMJ(道明寺の略)ぐらいしか……。
なんつーかその、勢いで提案しまして……。

しょうがないのでポムの樹、もといポニョの樹でオムライスを食い、解散。
Lサイズを頼んで遭難するばかがありけり。



ぽーにょぽーにょぽにょ魚のよっしゃぁ!



■月曜日
やすみがおわっちまうがぁ!

MXの進捗がよくないので、進めておく。

・31話 輝く刃は僕らと共に
吉良国が強制出撃で、セルブースターの助手席にベガさんをのせていやがる。
死ねぇ!

しょうがねえんでレイナにEWAC(弱)を装備。
ついでにクレーターの縁が回避修正が高いんで、その辺を利用してやれば
ガルファの名前付が相手でもそんなに苦戦はしない。
要するに、ベガがいれば楽だけど、いないならいないでどうにでもなるっていうことだね。
現状は。

さしあたって問題もなくクリア。
インターミッションでズラをとったベガが出てきたこと以外は。


せェ
 !

・32話 MOONRAKER
初期配置がプレイヤーキャラになったマイヨとプラクティーズのみ。
で、特定ポイントに到達ってマップ。
集中と加速をかけたマイヨであっちゅうまに到達。

その後なでしこ登場。
ベガもバイクで復帰しいている上、雑魚しかいないので○ボタンを連打していた。
別フロアではアキトと北辰衆がガチっているのを眺めていた。

インターミッションでベガが抜け、イズミとヒカルが加入。
これで戦力は一通り揃ったかな。

・33話 虹を超えて
そんなことより二次を超えようぜ!

3機揃ったエステバリスの合体攻撃がEN10の5000オーバー攻撃力でかなり非道。
さらに、エステバリスは毎ターンエネルギーが回復するし、ツインファンネル(笑)といった
感じだナァ。

マップ自体は、イズミとヒカルの撃墜数稼ぎ程度でしかなかった。
アルテア兄さんがちょこちょこっといたってぐらい。


あんまり進まなかったな。




なんか親が騒いでいると思ったら宝くじが当たったとか何とか。
疎遠になった親戚から突然連絡がくるとか、突然親戚が増えるとか、そういった額ではなかったけど。
スクラッチだし。

俺も、今年の夏は夢を買うことにしよう。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://uwaraba.blog51.fc2.com/tb.php/735-080c5aee

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ヌ

Author:ヌ

ツイッターも確かみてみろ!

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。