Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://uwaraba.blog51.fc2.com/tb.php/2204-747e3433

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

我が腕で退治してやろう、小僧♂

こないだ買った骨が24本ある傘の出番がぼちぼちある時期になってきたけれど、やっぱ防御力が違うね。
風が吹いてもガッシリとしているのは安心感がある、一方、GP-02Aのビームサーベルみたいにでかくて重いんで持ち運ぶにはやっぱ不便というところもあるけれど。
そう考えると、やはり軽くて差していても向こう側が見えるビニール傘が攻撃面においては最強なんだよなぁ。ビニール傘のホネが増えれば攻防一体な傘が完成するのではないだろうか?

傘で攻防ってなんやねんという気はするが、だれでもアバン・ストラッシュごっこや牙突ごっこぐらいはやっただろう?
つまりはそういうことなんだよ。
どういうことや?


さて、この土曜日にラブライブ!の映画が公開されたので、早速都合2回見てきました。
せっかくなんで折り返しておこうかね。
ネタバレはあり!ありっちゃあり!1期2期の成分もあり!

----------

っていう前口上まで書いてちょっと間が開いてしまったのでこの土曜日でもなんでもなくなっちまったし、大してタイムリーでもなくなったけどまぁ書いておこう。
いや一応公開日に見には行ったんだよ。

----------

まで書いてさらに間が開いて、あとちょいで公開から2ヶ月経つ勢いになっちまった!
都合4回見たよもう。

もっと言うと、もう明らかに梅雨でもなんでもねー8月だし傘は雨漏りするしマジックテープも剥がれ気味だしでなんなんだよもうまったく!ついてねえ!今日は厄日だ!
もう1ランクいい傘買わねえとダメかな。
○話と全体
3年生卒業(2期最終話・たぶん劇中3月)

ラブライブ(大会)をもっと大きいものにするためにスクールアイドルの知名度を広げたいって依頼に応えて、海外へPV撮影の旅

もっと言うとμ'sも続けて欲しいんだけどという話が舞い込む、葛藤、でもやっぱり続けない

だがスクールアイドルのよさを知ってもらうために全国のスクールアイドルに声をかけてアキバジャックでライブだ!
揃いの曲も衣装も振り付けも作る!(ここまで劇中3月)

few years later...
μ'sをはじめとしたスクールアイドル軍団の活躍によってラブライブ(大会)は広く認知され、今なお連綿と続いているのであった


このストーリーに無理があるって人はとっくにふるいにかけられているいるので、いいのではないでしょうか。

ということで2期で大会が終わったらμ'sは終了ていうのは決定していて、でもまだ何かあるよっていうところで終了。
で、今回の映画はその「まだ何か」であるところの海外でのPV撮影やアキバでのライブをやり、その上で雪穂と亜里沙が3年になるところ(=まきりんぱなが卒業している)ところまでやって、μ'sに完全に止めを刺して完結。
結末としては予見されていた通りのものでした。途中、「μ's続けてくれない?」と理事長に言われたりもしたけれど、結果は変わらず。
そんなので、映画はしんみりと終わったもののその点についての不満はないです。むしろ物語としてキッチリきれいに終わってくれたのでよかったとすら思える。
ここからの続編の目は断たれたので寂しい気持ちがないわけじゃないけど。断たれたよな?

○謎の女性シンガー(CV:高山みなみ)について
たびたび出てきては穂乃果さんに助言めいたことを言って去っていくこの女性はなんやねん?
っていうのは今回一番の謎ではある。穂乃果の未来の姿だとか(ドラクエ5の主人公方式に過去にやってきた)、英霊ホノカだとか、穂乃果以外の人間には認識できていないんじゃないか?みたいな説を方々で見たけれど、個人的にはあんま深く考えてないです。
なんか突然SF(すこしファンタジー)要素でてきたなとは思ったけど。話し方や見た目は自分語りを見るに穂乃果関係の何かではあるのだろう。

メタ的な話をするんなら、90数分のなかにμ'sとしてやっぱり続けていくのかい?って話を9人でやる時間を盛り込むのが難しかったから穂乃果+シンガー(とちょこっと絵里)で自問自答気味にケリをつけるためのキャラだったという気はしなくもない。
あんまりな言い方だというのは分かる。

○キャラクターについて
上でチラっと書いたが、穂乃果さんは主人公といっていいので出番が多くなるのは当然ではあるのだけれど、それ以外のキャラの見せ場がえぐられていた。仕方ないといえば仕方ない。
園田さんは顔芸しつつ嫌です無理です恥ずかしいと言い続けているし、小泉さんはコメコメ言ってる米米クラブだし、南さんはチーズケーキ食ってるだけだしで、特徴一つを取立ててそれで押し続けてそのキャラの目立つシーンは終わりっていうのはあったかなって感じたので、そこは不満と言えば不満でした。90分で9人全員を救ってみせろってのは無理ってのは分かるよ。
ま、各キャラのかわいさだけはあちらこちらで見られるのは間違いないので最低限はオッケーでしょう。むしろそこがなかったらなんなんだよって話で。

○ライブシーンについて
全部で6曲分歌って踊るシーンがあって、このボリュームは大満足。その分どっかにしわ寄せがいったんだろうけど、それはいいだろう。どれもいい曲ですよ。なにそれ。
嘘はいっていないはずだ!と言いたいところだが、俺はアレなんで冷静に判断できていない可能性はある。

・Hello,星を数えて
1年生ソング。劇中一番最初に出てきた歌。いきなり歌いだすのはラブライブではよくあることなのでいいだろう。
ただこの曲、なぜか星空さんだけが専用衣装に着替えていてまきぱなは私服で歌っているんですよね。



これ。
そこはみんな衣装着せてあげればいいだろう!贔屓か!としか思えず、この映画で一番不満に思っている点かもしれない。
その演出の意図を教えろよ意図をよォ!

俺は比較的全員推しです。つまり、みんな好きです。でもまーそう思うこともあるよ。


・Angelic Angel
最初のシーンの絢瀬絵里さんのエロかわいさが評判に。
視聴動画で確かみてみろ!
冒頭のエンジン音やクラクション→無音→音楽スタートのところがいいんすよ。
あと、ビル街とグラウンドっぽいところがチカチカ切り替わるのがカッコイイ。

個人的にはうみみくんが好きです。

完全に一致。

・?←HEARTBEAT
ハテナハートビートと読む。2番では♡←HEARTBEAT(ステキハートビート)って歌詞があってなんだか凄い。
歌の中で、つねっていないのにほっぺたが引っ張られているムーブをしているエリーチカはたぶん舌で内側からほっぺを押しているのだと思うと最高にかしこくない。あとサングラスがかしこくない。
あ、歌としては劇場版内で一番好きかも。

・Future style
初見ではいまいち影薄いなと思っていたけどCDで聞いたり何度も見たりしていたら好きになった。よくあることです。
飛んでいく鳥が9羽……。
「あたらしい日々のなかで」ってところ、好き。ひびぃのなーかで。

・SUNNY DAY SONG
スクールアイドルの歌。だが結局μ'sしか映ってないないやないかーいってのは気にしてはいけない。演出上だろうたぶん。
曲としては明るい感じだし、うみりんぱなのお母さんとかも出てきてごった煮感あるんだけどどこかもの悲しいのはシチュエーションがシチュエーションだからだろう。せっかくだからのぞえりのおかんも出して欲しかったね。

例に漏れず「3歩目は大胆に」のところのことりさん、好きです。

・僕たちはひとつの光
この曲に合わせてエンディング、スタッフロール。各キャラの名前が歌詞に入っているニクい演出。「巻き戻す」は無理があるって声を見たけど俺はいいと思うよ。
産毛の小鳥達もいつか空に羽ばたく→小鳥の翼がついに大きくなって旅立ちの日だよ
というSTART:DASHとのつながりときたら。
最後、羽根が落ちてくるんだけれど、2期のEDのようにキャッチするμ'sはもういない。


○んなこんなで
なんかダラダラと書いてきてまとまりもなくって感じで書いてきたけれど、映画自体は2期まで付いてこられた人なら満足できる内容になっているハズ。べつに大して好きじゃないとか映画から入るって人は全く想定してないつくりになっているけれど、それはいいだろう。
俺は冷血な方なので感動して泣くとかはないけど心の中では号泣していたんだよ。


海外でPV撮影したらスゲー人気が出た → 現実でもスゲー人気
全国のスクールアイドルを集めるために現地に会いに行く → 現実でもファンミツアー

とか、現実に即したようなストーリーになっているようなところはあると考えると、

解散 → 現実でも解散
とかね、考えてしまうのはしょうがないところ。んなことは誰も公式に一言も言っていないんだけど。
そうなったらそうなったで、そのあたりも含めて「いまが最高」ってことでひとつ!
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://uwaraba.blog51.fc2.com/tb.php/2204-747e3433

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ヌ

Author:ヌ

ツイッターも確かみてみろ!

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。