Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://uwaraba.blog51.fc2.com/tb.php/2159-2b9bd7df

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

死紋十字斑で74のつぶてをぶつけたらどうなんの?

せっかくなんで軽く解説、じゃないがやりながら思っていたことでも書こうかな。
デッキ、方針(笑い)、動画は↓の。
家宝は鹿角脇立兜(兵/活活)を信春に着用しました。


・開幕
伏兵は馬場さんかマツで踏みたい。馬場さんで索敵しながらいけば勝頼は安全だろうと思っていたけど動画で見るとだいぶ危なっかしい。
サエグサは留守番。これなら左側についていった方がマシだし、勝頼とサエグサを逆にしたほうがまだマシだ。
首尾よく馬場さんで伏兵を暴いたあと、豪快に突撃ミスしているのは笑いどころ。

・70c~
問題のシーン。
マツの範囲に勝頼が入っているのに矢印がでず、「ん?」と思ったが、なんかの間違いだろうと思って赤ボタンを押す、届かぬ想いは確かに届かぬ想いだったことを確認する。
相手の筒は邪魔しつつ、馬場さんを押し付けて久保姫の計略をなんとなく高い目で引き出すことに成功。溶ける馬場さん。久保姫修正はよ。

・58c~
迫る伊達家。
ある程度殴られるのはしょうがないが、城半分ぐらいで勘弁していただければなと。
計略を打つが全く機能せず、城から出たり入ったりを繰り返すサエグサがかわいい。

・45c~
6割ほど城は割られるが虎口を絡めればワンチャン、というところでマツが虎口inしてしまう痛恨のミス。
マツ「ここが弱いんでしょう?」
かわいい。
これだけのリードを取られている状況なら相手的に王道は青止め、こっちとしてはその逆張りで青を押すも当然止められる。しゃーない。

・37c~
久保姫に勝頼の突撃(甘え)が入る→サエグサの突撃が入る→サエグサの突撃(甘え)が入って久保姫撤退したのがターニングポイント。
奴がいる限り城殴れる気がしなかったからね。
ともかくやれたので馬場さんを城に張りつけて勝頼で猛進。

・31c~
突如バック走をする馬場さん!カード逆向けていたか?
松姫の残念な位置取りに気づくはずもなく、もう一度猛進。城門叩く。なお馬場さんは範囲から漏れた模様。

・22c~
復活してきた久保姫で采配。こちらも家宝、不死身の鬼美濃(undead orge-Mino)で、筒を打てればギリギリ逆転できそうなので敵城で粘る構え。こういう状況ならなかなか頼もしい。
こっちの筒は打てそうだが相手にも筒を打たれたらまずいかな?と思ってマツで妨害しに行くが、馬場さんが相手筒に向かってマツとサエグサでこっちの筒を撃つのが正解だったかも。
馬場さんの城ゲージがたまっていたのがプレッシャーにもなっていたはずなので難しいところだが。

・10c
ここにきて炎血の計存在を思い出す。
久保姫での防衛にこだわったのかは分からないが、こいつで勝頼とサエグサを焼かれていたら終わっていたような気はします。
ぶっとんだ先で馬場さんが城パリン、筒も飛んでごっつぁん勝利。


・まとめ
自分と相手の戦いじゃなく、自分と自分の判断力との戦いになることって往々にしてあるよね、戦国大戦に限ったことじゃなく。
みたいな一戦だった気はします。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://uwaraba.blog51.fc2.com/tb.php/2159-2b9bd7df

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ヌ

Author:ヌ

ツイッターも確かみてみろ!

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。