Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://uwaraba.blog51.fc2.com/tb.php/1908-b4848581

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お館のわがままボディ

く、クララーッ!




そういえばこないだニンジャスレイヤーの書籍を買ったのだった。
ええっ!?ツイッターで日本語翻訳が発信されている、全世界を震撼させているサイバーパンクニンジャ活劇小説の単行本を購入したっていうのかい!?



もろちん、もちろんエビテンの限定版である。俺たちは本格派なんだ。
といいつつ使う見通しのない湯のみとTシャツではあるが、こういうのは勢いが重要なんだ。買ってから後悔するで全然問題ない。
後悔、しているのかい?
いや、後悔はないよ。


堀江由衣:一見チャラく見えるけど、実はきちんとしているみたいな人。あとは…「服にはあまり興味ないけど、たまたま着たTシャツとたまたま穿いたジーパンがお洒落だった」っていう何気ないお洒落ができる人がいいですね(笑)。


アー、このTシャツの使い道あったわ。たまたま着た忍殺Tシャツがお洒落だった可能性がビレゾン。ホビロン!
ただしイケメンに限る。

俺がニンジャスレイヤーを知ったのは1年ぐらい前だったかなぁ。なんかの拍子にまとめwikiを見て、そこに出てきた
「マルノウチ・スゴイタカイ・ビル」というネーミングセンスに打たれたな。ただ、打たれた。
明らかに間違った日本観のようなものとか珍妙なニンジャとかイヤーッ!グワーッ!のようなセンテンスのセンス
(詩的な表現をしてみました)は微笑ましい一方で、
サイバーパンクな世界観や復讐の鬼であるニンジャスレイヤー=サンは実際カッコよく、引き込まれるものがあった。
ニンジャスレイヤーの登場シーンがイチイチかっこいいよ。
まぁ今更俺が言うのもアレだけど、興味のある人はニンジャスレイヤー @ wikiあたりから適当に読んでみるがよろしいかと。

しかしこの本、第一部完まであと3冊あるのか。
まぁ携帯やパソコンで見るよりも読みやすいのでこっちも買っていこう。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://uwaraba.blog51.fc2.com/tb.php/1908-b4848581

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ヌ

Author:ヌ

ツイッターも確かみてみろ!

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。